屋根材の種類と特徴 名古屋の屋根塗装店小林塗装

一般住宅に使われる屋根材の種類と特徴をまとめました。

屋根材の種類と特徴について

大切な建物の外壁をいつもキレイに末永く守るためには、定期的な外壁塗り替えによるメンテナンスが大切ですが、築年数や屋根材の種類、周辺環境などによって、外壁の経年劣化やメンテナンス時期は様々です。
ですから、外壁塗装を検討する前に、お客様が住んでいる建物の外壁の種類と屋根材の特徴が簡単によく分かる様、名古屋の塗装店小林塗装がまとめました。

カラーベスト、コロニアル

カラーベスト・コロニアル・スレート瓦・薄型化粧スレート屋根は、最近の一般住宅で頻繁に見かける屋根材の一つで、セメントと砂を主な原材料として作られています。
製造メーカーによっては、「カラーベスト」・「コロニアル」・「新生瓦」等とも呼ばれます。1995年の阪神淡路大震災を境に、屋根材の軽量化による耐震性を求められる事によって、多く用いられる様になった軽量屋根材です。
薄型化粧スレート屋根、(Colored Asbestos Cement Board=カラーベストの語源)の歴史は、昭和12年にアメリカのジョンマンビル社から始まり、薄型化粧スレート屋根の製造が始まりました。
日本国内では、昭和32年にジョンマンビル社と旧・久保田鉄工(株)が技術提携を行い、4年後の昭和36年に「コロニアル」という商品名で初めて発売されました。
当時の建築業界では、新たな屋根材が誕生したという事から「新生瓦」と呼ばれていました。「新生瓦=コロニアル」のJIS規格は、昭和51年に取得しましたが、現在は名称変更され、「住宅屋根用化粧石綿スレート」になっています。
現在、カラーベスト・コロニアルと言った屋根材は、「ケイミュー」等の建材メーカーが製造しています。
一般的な薄型化粧スレート屋根の定義としては、主原材料が、セメント、 石綿(アスベスト)を混合、加圧成形され作られた厚さ4~10㎜の薄い瓦の事を指します。
瓦の7分の1以下の重量、安価な材料費、施工の容易さなど、広く使われている屋根材です。
平成16年よりも以前の薄型化粧スレート屋根には、アスベスト(石綿)が含まれていましたが、人体に悪影響を及ぼす可能性がある為、現在は使用する事が禁止されているので、(但し、アスベストは周囲に飛散しない限り、人体に悪影響はありません。)現在の薄型化粧スレート屋根は、基本的にノンアスベストタイプ(無石綿)でセメント、 けい酸質原料、石綿以外の繊維質原料、混和材料などを用いて作られています。 薄型化粧スレート屋根は、日本瓦の7分の1以下の重さなので軽量で建物にかける負荷が少ないという大きなメリットと、従来の日本瓦に比べ、施工がしやすく、施工価格も安く抑えられ、カラーバリエーションも豊富といったセールスポイントがあります。
その反面カラーベスト、コロニアルのデメリットとしては、防水性が低く、完全に保護塗料(トップコート)に依存しきった形になっている事です。
ですから、定期的な塗り替えによるメンテナンスを行わないと、屋根材の破損してしまい、防水紙の保護がなくなり室内への雨漏り等が生じる恐れがあるので、住まいに対し重大な不具合が生じる危険性があります。
通常、新築時のスレート屋根に使用されるトップコートは、アクリル塗料を施されている事が多く、期待耐用年数は6~7年程度と短い為、特に注意が必要です。経年劣化が激しいスレート屋根の耐久性を維持する為、新築から8~12年で塗り替え工事をする事をおススメします。
この様な理由から、新築から20年以上経過し、メンテナンスを全く行っていないカラーベスト・コロニアル屋根は、基材が劣化・腐食して塗り替えが困難な場合があります。

カラーベスト、コロニアルの製造メーカー

  • ■ 旧クボタ
    (コロニアル・コロニアルNEO)
  • ■ 旧松下電工外装
    (フルベスト)
  • ■ ニチハ株式会社
    (パミール NEWパミールなど)
  • ■ ケイミュー株式会社
    (コロニアルグラッサ・コロニアルクァッドなど)

カラーベスト、コロニアルを施工する業者さん

  • ■ 屋根屋さん
  • ■ 板金屋さん
  • ■ シーリング屋さん

 

カラーベスト、コロニアルの塗り替え時期とは?

カラーベスト、コロニアル塗り替え時期は
・塗装の変色
・塗装の退色
・塗装のチョーキング
・シーリング部分のひび割れ
・藻やカビの発生
・浸水や温度変化によるカラーベスト、コロニアルの反り、凍破
・クラックの発生
などが挙げられます。

要注意!!不具合や経年劣化が激しい屋根材

■ パミール・NEWパミール(ニチハ)
■ レサス(松下電工)
■ ザルフグラッサ(クボタ)
■ コロニアルNEO(クボタ)
■ アーバニー(クボタ)
などの場合は、屋根塗装後に不具合が生じやすいので、屋根塗装の前にはしっかりとした確認や調査が必要です。なお、屋根に上らなくても図面で確認できる場合があります。

金属屋根・トタン屋根の特徴について

金属屋根材とは、アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板等で葺かれた屋根の事を言います。屋根の軽量化ができるので、地震対策が可能です。
金属屋根は、窯業系の屋根材と違って、金属板は薄くて長い板を自由に加工して使うため、 曲線や円形 の複雑な形状の屋根にもする事ができ、金属屋根は形の違う製品が豊富に揃ってい ますので、建物の用途や屋根の形状に合わせて選ぶ事もできます。
ただし、金属屋根は、錆が発生するので定期的な塗り替え工事が必要になりますが、適切なメンテナンスを行う事によって、長く使い続けられる事ができます。
また、屋根を塗り替える事によって、屋根のイメージを変える事ができるという大きなメリットもあります。

折版屋根とは、金属板を波型に折り曲げて強度を確保した金属屋根材です。
施工が容易、軽量、加工費が安価なのが大きな特徴です。
現在では、折版屋根の仕上げ表面は、ガルバリウム鋼板の折版屋根が主流になっています。

瓦棒屋根とは、板金(トタン、ガルバリウム鋼板、ステンレス鋼板等)で施工される板金屋根の工法の一つです。
瓦棒屋根のメリットは、屋根に急な勾配を必要とせず、様々な形状の屋根に対応できる為、日本全国各地で見る事ができる屋根です。

縦平葺きの屋根は、通常の板金工具で施工できる事や、様々な曲面の屋根に適しているので、神社、仏閣や住宅等、木造建築の屋根として、広く使用されています。

金属瓦葺きの屋根は、和瓦やスレート屋根が持つテイストをプレス成型した金属板で表現した屋根工法です。
金属瓦は、縦長に連結したタイプと、横長に連結したタイプがあります。桟木に釘で止める工法が多く、和瓦の1/10の軽さで、地震にも強く、施工も容易に行えるので、一般住宅にも多く使われています。

金属屋根・トタン屋根を作る施工業者さん

  • ■ 屋根屋さん
  • ■ 板金屋さん
  • ■ シーリング屋さん

金属屋根・トタンの主な製造メーカー

  • ■ ニチハ株式会社
    (横暖ルーフシリーズ)
  • ■ 旭トステム外装株式会社
    (T・ルーフ)
  • ■ ケイミュー株式会社
    (スマートメタル)
  • ■ IG工業株式会社
    (スーパーガルテクト・スーパーガルテクトフッ素など)
  • ■ 日新製鋼建材株式会社
    (月星タイトルーフH1など)
  • ■ 株式会社淀川製鋼所
    (ヨド角波サイディング・ヨドプリント ・ヨドロッキーサイディングなど)
  • ■ 日鉄住金鋼板株式会社
    (エバールーフ®横葺1型T&D工法 エバールーフ®かわらなど)
  • ■ 千代田鋼鉄工業株式会社
    (悟空ルーフ・ルーフル・フィンルーフ20、CKルーフデッキ88型)

金属屋根・トタン屋根の塗り替え時期とは?

金属屋根・トタン屋根の塗り替え時期は
・チョーキング
・浮き錆
・赤錆
・塗膜の膨れ
・剥がれ
などが挙げられます。

モニエル瓦(乾式洋瓦)の特徴について

モニエル瓦(乾式洋瓦)とは、着色スラリー層があるセメント瓦の事を言います。
モニエル瓦は、オーストラリアのモニエル社と高圧・半乾式成形の技術をクボタが共同開発し、昭和48年に日本に技術導入された事から、「モニエル瓦」と呼ばれています。
また乾式洋瓦は、クボタ瓦、スカンジア瓦、ハルモリック乾式瓦とも呼ばれます。
モニエル瓦(乾式洋瓦)の形状は、和型、洋型、平型、S型等といった色々な種類があります。
形状が似ているモニエル瓦(乾式洋瓦)とセメント瓦の見分け方は、屋根材の側面が凸凹しているのがモニエル瓦(乾式洋瓦)で、側面がつるとしているのがセメント瓦です。また、モニエル瓦の場合は、屋根材の裏側にモニエルとインゴットがあります。
 
モニエル瓦(乾式洋瓦)の製造方法は、水分の少ないセメントを真空ドレン機の押し出し成型により作られており「着色スラリー層」と呼ばれるセメントや砂等と同質の無機質着色材を1mm以上の厚い塗膜を塗装され、その後アクリル樹脂のクリアー塗料を塗装した屋根材です。
また、モニエル瓦の製造過程では、発がん性があると言われるアスベスト(石綿)も一切使っておらず、陶器の瓦の様な焼成加工も不要なので、二酸化炭素の発生も最低限に抑えています。
こういった理由からモニエル瓦は、環境に優しい屋根材と言えます。
また、コンクリートならではの優れた遮音機能を持っているので、激しい雨でも雨音が気になりません。
 
しかし、モニエル瓦(乾式洋瓦)はメンテナンスで塗り替える場合、製造時に塗装された着色スラリー層が大きな問題になり、施工に大きなリスクが伴います。
なぜなら、モニエル瓦は塗装仕上げの屋根材なので、紫外線、赤外線、酸性雨‥により経年劣化によって仕上げクリヤー層や着色スラリー層も劣化する為、瓦自体の耐水性が低くなり、非常に素地が脆弱になります。
モニエル瓦の塗り替えを行う際には、厚みが1mm以上ある脆弱な仕上げクリヤー層や着色スラリー層を高圧洗浄でしっかり取り除く必要があります。高圧洗浄作業が不十分な状態で屋根塗装を行うと塗装した後、1~2年で塗膜が剥離する恐れがあります。
(こういったトラブルは本当によくあります。)
ですから、乾式洋瓦を塗り替える際には、まず脆弱(粉状)になったスラリー層を完全に取り除いた後に塗装する必要があります。
また、モニエル瓦(乾式洋瓦)は、どの屋根用シーラー(プライマー)でも下塗りが可能な訳では無く、浸透性が高く、素地補強効果に優れる2液型エポキシ樹脂シーラー等を使用して、屋根材の表面が濡れた感じになるまで、しっかり下塗りする必要があります。
なお、乾式洋瓦の塗り替え用トップコートは、高耐久性塗料や遮熱塗料で塗装するのが一般的になっています。

モニエル瓦(乾式洋瓦)を作る施工業者さん

  • ■ 屋根屋さん

モニエル瓦(乾式洋瓦)の主な製造メーカー

  • ■ 旧クボタ
    (パラマウント)
  • ■ 旧モニエル
    (モニエル)

モニエル瓦(乾式洋瓦)の塗り替え時期とは?

モニエル瓦(乾式洋瓦)の塗り替え時期には、
・屋根材の変色
・屋根材の退色
・チョーキング
・カビやコケの発生
・塗膜の膨れ
・剥がれ
などが挙げられます。

セメント瓦・コンクリート瓦・厚型スレートの特徴について

セメント瓦(厚型スレート)は、昭和14年(1939年)に軍事優先の統制経済の影響で、石綿の配給がストップしたのを契機に石綿を使用せず、強度保持の為、製品の厚さを増したセメント瓦が誕生しました。
従来の石綿スレート屋根と比較して厚みが増しているので、「厚形スレート」という名称が付けられたと言われています。
セメント瓦は、熱に強く、膨張収縮の影響を受けにくい瓦1つ1つの精度が非常に高い屋根材です。
セメント瓦の形状は、J形・(和瓦)F形(平瓦)・S型(スパニッシュ瓦)があります。
形状がよく似ているセメント瓦とモニエル瓦との見分け方は、屋根材の側面が側面がつるっとしているのがセメント瓦で、凸凹しているのがモニエル瓦です。
また、製造メーカーや製造過程によっては、「プレスセメント瓦」、「静電塗装瓦」とも呼ばれており、共に四国、九州地方で非常に多く用いられている瓦材です。

セメント瓦は、セメントと砂を主原料としており、加圧成形後にフッ素樹脂塗料などの高耐久性塗料で着色仕上げされていますが、無塗装のまま使われる事もあります。
また、コンクリート瓦の原料は、厚型スレート屋根と同じですが、スレート屋根に比べてセメントの配合量が少なくなっていますが、性質も厚型スレート瓦とほとんど変わりません。
最近では、コンクリート瓦の製造過程で塗料を練り込み、20~25年程度の品質保証をする建材メーカーもあるます。従って、コンクリート瓦は塗膜の劣化に強い瓦と言えます。
共に、一般住宅で使われるセメント瓦やコンクリート瓦は、他の屋根材に比べて、デザイン性に優れているので、高級感があります。

セメント系瓦のメリットとしては、燃えづらい(耐火性が高い)、寸法精度に非常に優れ、色々な形状やカラーバリエーションがあり施工しやすいという点があります。
その反面、デメリットとして、セメント瓦の防水性は、塗装に依存しているので、経年劣化によって塗膜が剥げてくると、苔やカビが生えてしまい、セメント瓦の劣化が一気に進んでしまいます。セメント瓦の耐水性が下がると、セメント瓦に水が含まれ、著しく脆弱となって、その結果セメント瓦が割れたり、朽ちたりしてしまうケースがあります。

セメント瓦・コンクリート瓦・厚型スレートを施工する業者さん

  • ■ 屋根屋さん

セメント瓦・コンクリート瓦・厚型スレートの主な製造メーカー

  • ■ 富士スレート株式会社
    (エアルーフシリーズ)
  • ■ 井桁スレート
    (ヨーロピアン瓦・ニュースパニッシュ瓦)
  • ■ 株式会社アルプス
    (アルペン30・フラットライン30・スーパースパニッシュ)

金属サイディングやトタンの塗り替え時期とは?

セメント瓦・コンクリート瓦・厚型スレートの塗り替え時期の目安は、
・変色
・退色
・ヘアクラック
・チョーキング
・藻やカビの発生
・塗膜の膨れ
などが挙げられます。

アスファルトシングルの特徴について

アスファルトシングル屋根とは、一般的にアスファルトシングルは、ガラス繊維を原料として、ガラス繊維にアスファルトを浸透・塗布した後、表面に粒子の粗い顔料で焼き付け塗布して作られている屋根材の事を言います。
アスファルトシングルは、今から100年以上前、カナダで開発された屋根材で、開発された当初は火に弱いという欠点がありましたが、現在では防火材に認定されるまでに進化しており、アメリカでは一般住宅の約80%が「アスファルトシングル」を屋根材として使用されていると言われています。

アスファルトシングル屋根の大きな特徴としては、とても軽量な為、窯業系屋根材に比べ、地震の時に揺れを大きく低減する事が可能で、耐候性・耐久性・防水性等に優れており、20~30年と長持ちし、防火認定もされています。また、価格も他の屋根材に比べて安価です。 これはアスファルトシングルだけの特長になります。
また、アスファルトシングルは、カッターやハサミでも切れるので、軽量で施工が容易で柔らかく曲面にも張りやすいという特長も持っています。
また、アスファルトシングルは、自着式のルーフィングとシングル材も専用の接着剤で施工する釘、ビス、タッカーの類を一切使わない特殊施工が可能です。
(漏水のリスクを極力下げる事ができます。)
こう言った理由から、アスファルトシングルは、これから日本でも多く普及すると考えられています。

ただし、アスファルトシングルは、経年劣化するとアスファルト層が朽ちてくるので、定期的な塗り替えによる保護が必要です。アスファルトを主に使っている屋根材なので、水性塗料で塗り替える必要があります。
塗り替えの際には、仕上げ塗料を「艶消し」にする事をおススメします。
その理由として、アスファルトシングルの性質上、艶有りの屋根用塗料では透湿性が低くなってしまい、アスファルトシングル基材に膨れが生じる恐れがある為です。

アスファルトシングル壁を作る業者さん

  • ■ 防水屋さん

アスファルトシングルの製造メーカー

  • ■ 田島ルーフィング株式会社
    (シングル・ロフティー)
  • ■ 日新工業
    (マルエスシングル)

アスファルトシングル塗り替え時期とは?

アスファルトシングル屋根の塗り替え時期は、
・変色
・退色
・アスファルト層の剥離
・チョーキング
・浮き錆
・藻やカビの発生
・塗膜の膨れ
等が挙げられます。

小林塗装からひと言

名古屋の塗装店小林塗装では、屋根材の種類や様々な部位の特徴を十分把握した上で最適な塗料や施工方法をご提案させて頂いています。
小林塗装の経験豊富な塗装職人が、高品質な屋根塗装でお客様の満足をお約束します!
屋根の塗り替え工事なら、何でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい!

屋根塗装の基礎知識

MENU
メニュー

  • blog
  • 外壁塗装の基礎知識
  • 屋根塗装の基礎知識
  • おすすめの塗料について
  • 塗装工事施工価格
  • 塗装工事の施工事例
  • 塗装工事の流れにつてい
  • 塗装のプロが答えます塗装工事よくある質問
  • 塗装工事安心「品質保証」
  • 小林塗装のご案内

住まいの塗り替え専門店小林塗装

〒462-0023
愛知県名古屋市北区
安井3丁目8-21

見積依頼:0800-808-1020
ご質問等:052-914-0163
携帯電話:090-1987-2619

E-Mail:
info@yuzupen.com
ホームページ:
http://yuzupen.com

営業時間:AM8:00~PM8:00

取り扱い工事

  • 外壁塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 屋根塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 室内塗装工事(店舗・一般住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 防水工事(屋上・ベランダ・通路等)
  • 足場仮設工事・シーリング工事・外壁補修工事
  • その他、修繕工事・板金工事・雨樋工事・内装工事

取り扱い塗料メーカー

  • アイカ
  • IPペイント
  • エスケー化研
  • 大谷塗料
  • 関西ペイント
  • 菊水化学
  • KFケミカル
  • 玄々化学
  • スズカファイン
  • 大同塗料
  • 大日本塗料
  • ダイフレックス
  • トウペ
  • 日本特殊塗料
  • 日本ペイント
  • 水谷ペイント
  • ロックペイント
  • 和信化学 など

ページの先頭へ