名古屋の塗装店小林塗装 塗装業界でよく聞かれる裏話 

塗装業界の裏話 「名古屋の塗装工事専門店」小林塗装 

塗装業界でよく聞かれる裏話

愛知県名古屋市周辺の塗装工事の関係者の中で、まことしやかに聞かれる「裏話」を塗装工事を検討しているお客様にお話しします。

その1 塗装屋さんのホームページやチラシの内容は、嘘や間違いが多い!?

会社のホームページやチラシに書かれている内容は、はっきり言って、「嘘や間違い」が大変多いです。  
ホームページ制作会社や経営コンサルタントが制作したホームページだけでなく、個人で作っているホームページにも嘘や間違いはたくさんあります。(当店の場合、ホームページの記載内容に間違いを見つけた場合は、すぐに修正をします。)

そんな間違った塗装工事の知識をお客様から、「ホームページを読んで知りました」「〇〇のチラシで見た」なんて言われると本当に困ってしまいます。
確かに経営コンサルタントやホームページ制作会社が作ったホームページやチラシは、デザインの見栄えも良く、何とも聞こえの良い魅力的な言葉がいっぱい書れているのですが、実際の工事内容やサービス内容が、チラシやホームページと全く違うと言った様な事を他のお客様からよくお聞きします。
(実際の塗装工事を知らない全くの素人が文章を作っているので、仕方のない事ですが……)
特に塗装技術に関しては、塗装工事に携わる職人の間では、いつも当たり前に行っている事を、「これは、本当にスゴイ!!」みたいな、当たり前の内容を誇張したズブの素人が書いたようなインチキくさい記事をよく見かけます。
(最近、愛知県下のインターネット上では、なんちゃって塗装店のサイトや塗装工事の一括サイトがたくさんあります。)

また、個人で作っているホームページの場合は、塗装に関する知識が足りなかったり、塗料に関する情報自体が古かったり、間違った施工方法を掲載している場合が多いです。(そう言った記載内容は、その人の勉強不足や経験不足だと思います。)

そんな自分達に都合の悪い内容を覆い隠すためなのかは定かではありませんが、どこの塗装店でもやっている当たり前の施工内容をいかにすごいのかと言った様にを意味も無く、ずら~っと書き並べている、なんちゃって塗装職人の場合もあります。

塗装工事の「一括見積サイト」や、某サイトの「その道のプロが教える○○」の登録者サイトの中にも、間違った情報内容や一括サイトにお金を多く払った登録者側に都合の良い内容がたくさん書き並べられています。
「塗装見積りの一括サイト」は、根本的にお金さえ払えば、誰でも登録できるシステム自体に大きな問題があるのですが、ホームページを見ている一般のお客様は、そんな実態を全く知らない訳ですから、嘘や間違いの情報を信じてしまっている事が多いのが現実と言えます。
(一括サイトに数多く登録している塗装屋さんは 、もうちょっと自分達でお客様に向けて情報発信をしようとする気概はないのかなぁ~)

その2 リフォームチラシや塗装屋ホームページ 「コミコミ価格」の罠

当店にご依頼頂いたあるお客様から、実際にあったできごとを聞いた話ですが、塗装工事のチラシで、見やすいイラストと、すごく魅力的な言葉やキャッチコピーが並ぶ内容もイイ事づくめのチラシがあったらしいです。
そのチラシを読んだお客様が、その中に書かれた「塗装まるごとパック○○万円(税込)」につられて、会社に電話をしてみると、すぐに営業マンが来てくれたそうです。

「本当に全部塗ってこの価格なんですか?」とチラシを眺めながら、営業マンに尋ねると
「えぇ、大丈夫ですよ。チラシのとおりです。」と答えました。
その営業マンは、受け答えも良く、信頼できると思ったので、すぐに契約をしました。
塗装工事の契約して10日後から塗装工事が始まり、約1週間程度で塗装工事も終わり、さぁ足場が外され始めると……えぇ!雨樋や雨戸等といった塗ってない部分や外壁塗装の塗り忘れが所々あります。

塗り替えてキレイになった部分と、キレイになっていない部分がくっきりと差が出てしまい、なんだか、みっともなく見えます。
びっくりして、すぐに営業マンに電話をすると、塗り忘れ部分に関しては手直しをしてくれましたが、「雨樋や雨戸部分は、塗装まるごとパックの工事金額には入っていませんから……」と言われたそうです。
「でも、全部塗ってこの金額って言ったのは嘘なのか?」と言い返すと、
「○○さん、チラシに書いてある項目は、全て塗ってあります。チラシの内容をよく確認して見て下さい。」と素っ気ない返事をされたらしいです。

そのチラシをよ~く確認すると、チラシの下のほうに「外壁・軒天・破風板以外の塗装部分は、塗装パックの内容に含まれていません。」との内容がすごく小さく記載されていました。
そのお客様は、何も言わなくても全部キレイに塗ってくれるのが当たり前だと思っていたので、食い下がりましたが、その施工業者が高額な追加料金が掛かると言うので、結局諦めて、当店に手直しの依頼をしました。

その3 営業マンの過剰なセールストークや誇大広告は信じていけません!!

遮熱塗料、断熱塗料、光触媒塗料を提案する営業マンが話す過剰なセールストークや誇大広告に対して「そりゃ、絶対にありえないでしょ。」と言いたいです。
例えば、

■ 遮熱塗料を塗ったら、 夏場にエアコン使わなくてもよくなりました。
(定番の誇大説明です。屋根の表面温度が15~20℃下がったところで、室内温度は1.5~2.0℃位しか下がりません。なぜなら、一般住宅の屋根材の裏には断熱材が入っているからです。また、現在名古屋周辺で、遮熱塗料や断熱塗料を塗っただけで、夏場を冷房機器を使わず快適に過ごす事は困難です。下手すると熱中症になっちゃいます。)

■ 断熱塗料を塗ったら、冬の暖房費が半減しました。
(冬の間、寒いのを我慢して暖房を付けなければ、 暖房費を半減させる事も可能です。断熱塗料をしっかり塗っても、室内温度は1.0~3.0℃位しか変わりません。ですから、寒い事は変わりません!!)

■ 光触媒塗料なので、環境にやさしくポプラの木を植えた事と同等の効果があります。(これもよくある誇大説明の一つです。酸化チタンによる空気の浄化効果は多少はありますが、少量面積の塗装じゃ効果は少ないし、塗料を製造する際には化石燃料を使っているし、塗装面にほこりが堆積すると、光触媒効果はなくなります。もっと言うなら、ポプラは二酸化炭素を光合成で酸素に変える事ができます。)

■ 光触媒なので メンテナンスが不要です。
(全く意味が分かりません。光触媒塗料には有機物が含まれているので、半永久的に持つ塗料ではありません。)

その4 4~5回も塗る塗装業者は、本当にいるの?

よく、塗装屋さんのホームページに書いてある「当社の外壁塗装は、しっかり4~5回塗っています。」といった内容は、お客様に対するセールストークであって、実際にはほとんどやっていない、つまり嘘だと思います。

逆にそんな塗装業者さんには、「そもそも、あなた方本当に3回塗っているの?」と笑顔で聞き返したいくらいです。
一般住宅における外壁塗装に関しては、普通下塗りを1回、上塗りを2回しっかり塗れば、そんな4~5回も塗る必要はないし、そんな塗装仕様も通常ありません。
もし、本当に4~5回塗っていたとしたら、外壁塗装の材料コストが約1.3~1.5倍以上になってしまいます。
しかも、その作業内容に伴って、余分な人件費(人工)も掛かってしまいます。ましてや、相見積で過当に安くなった工事価格で、いつも本当にそんな事ができるのでしょうか?(本当にそんな事をやっていたら、そこの塗装店はとっくにつぶれています。)

ただし、施工状況によっては、本当に4回~5回塗らなくてはいけない場合もあります。
その状況の一例としては、
1. 現状の下地状態の劣化が著しく、下塗りとなるシーラー、フィラー、錆止め塗りが一度では十分な効果がでない場合。
2. 原色を使用した塗り替え、塗装する色が薄くて、既存の塗装下地が透けてしまう為、上塗りを2回以上塗装する場合。
3. 通常の塗装仕様は3回ですが、オプション仕様として高耐候性の上塗りのクリアオーバーコートを施工する場合。

上記のような事由でもなければ、塗装を4回以上塗るのは、あまり意味がありません。

その5 塗装工事の足場費用を無料にします!!

『今なら、足場費用を無料にします。』そんな話聞くと、一般のお客様はすごいなぁ~と思われるかと思いますが、塗装工事のプロから言わせると「あり得ないでしょう。」と断言できます。
その理由として、一般的な愛知県下の2階建て住宅を外壁塗装する場合、足場の仮設面積は、240㎡~300㎡程度必要になってきます。
仮に昇降階段や養生シートを含めた、足場仮設の単価を 650円/㎡だとすると
240~300㎡ × 650(円/㎡) = 156,000~195,000円程度の費用が発生します。
一般的に足場工事は、外壁塗装工事の金額全体の約2割程度必要な予算と言えるからです。
ですから、適正な見積もりを作っている施工業者が、いきなりズバッと2割も値引きできるかと言いましたら、答えはノーだと思います。
また、『自社の足場資材を使って、自社の社員が仮設するから無料!!』という話も、愛知県下でよく聞きますが
こういった場合、まず足場資材の初期投資費用が掛かりますし、足場仮設を行うにも人工が掛かり、維持管理するうえでも費用が掛かるので、これも嘘だと思います。
さらに『今近くで塗装工事を行っているから、足場代を半額にします!』こう言った場合においても良く考えてほしいのですが、足場が近くだからと言って、足場仮設をする人工がそこまで安くなる要因はありません。
したがって、このような説明をする施工業者は見積書に記載されている他の部分に足場費用の分を上乗せしてある事がほとんどと言えます。(そもそも、お客様に半分騙している様な説明をしてまで、塗装工事の契約を結ぼうとする会社の理念や経営自体に大きな問題があるかと思います。)

その6 ~オリジナルの塗料で施工します。

一般的な塗装屋さんでは、「~オリジナルの塗料」をお客様に奨めてくる事はあまりありませんが、一部のリフォーム業者や訪問販売業者は「~オリジナルの塗料」をお客様に奨めてくる事があります。
こういった塗料は、リフォーム業者や訪問販売業者が開発している塗料では無く、製造しているのは一般的な塗料メーカーの製造したOEM商品です。
(そもそも、そんな簡単に塗料のノウハウが全くないリフォーム業者や訪問販売業者が塗料を製造する事はできません。
その理由として塗料を開発するには、まず塗料を開発するプラントが必要で、それに加えて何年もの検証実験を重ねないとしっかりとした製品化ができないし、その為には多くの開発資金が必要になるからです。)

ですから、ほとんどがカタログのデザイン、缶のラベル、缶の外観を変えただけの「インチキのオリジナル塗料」で施工価格は通常よりも、高めに設定してあります。
但し、大手ハウスメーカーが塗料メーカーと共同開発で行っている場合は、色彩や耐久性を上げていたりとするケースもあります。
どうしてリフォーム業者、訪問販売業者、大手ハウスーカーは、オリジナル塗料を販売しているのかという理由は、自分達で価格を自由に設定して販売できる事が最も大きな理由です。最近はインターネットで「この塗料は一体のいくらなのか?」「評判はどうなのか?」…が早く広まる様になってきましたが、~オリジナル塗料は、一般塗料に比べ流通量が少ないので、ほとんど口コミが広がる事は有りません。(オリジナル塗料を販売しているリフォーム業者や訪問販売業者の口コミはあるかもしれません。)
その為に、材料価格や性能が分からないので、明確な比較対象が無く、施工価格の整合性も全く分かりません。
また、ハウスメーカーの場合は、オリジナル塗料を提案する事でリフォーム需要を囲みたいと言う思惑も有ります。
オリジナル塗料は、塗料の中身が全く分からなく、品質もしっかりした物なのか、一般のお客様は調べようが有りません。
大手ハウスメーカーが共同開発したオリジナル塗料はそれでもまだ信用は有りますが、一部のリフォーム業者や訪問販売業者が提案する「~オリジナル塗料」はかなり怪しい思います。

結論としてオリジナル塗料は、「他の人と違った塗料で塗装したぞ!!」という自己満足に浸りたいお客様以外にはおススメできません。

塗装業界でよく聞かれる裏話 まとめ

こういった塗装工事に関するあまり良くない内容の話をまとめましたが、この他にもこういった塗装工事にまつわる怪しい話はよく聞かれます。
ですから、塗装工事を検討しているお客様は、一社だけの施工業者の話を決して鵜呑みにせず、いろいろな観点でじっくり検討する必要があるかと思います。
名古屋の塗装店小林塗装では、塗装工事に関するお客様からの質問や疑問に分かりやすくお答えしますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

塗装工事のお役立ち情報

MENU
メニュー

  • blog
  • 外壁塗装の基礎知識
  • 屋根塗装の基礎知識
  • おすすめの塗料について
  • 塗装工事施工価格
  • 塗装工事の施工事例
  • 塗装工事の流れにつてい
  • 塗装のプロが答えます塗装工事よくある質問
  • 塗装工事安心「品質保証」
  • 小林塗装のご案内

住まいの塗り替え専門店小林塗装

〒462-0023
愛知県名古屋市北区
安井3丁目8-21

見積依頼:0800-808-1020
ご質問等:052-914-0163
携帯電話:090-1987-2619

E-Mail:
info@yuzupen.com
ホームページ:
http://yuzupen.com

営業時間:AM8:00~PM8:00

取り扱い工事

  • 外壁塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 屋根塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 室内塗装工事(店舗・一般住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 防水工事(屋上・ベランダ・通路等)
  • 足場仮設工事・シーリング工事・外壁補修工事
  • その他、修繕工事・板金工事・雨樋工事・内装工事

取り扱い塗料メーカー

  • アイカ
  • IPペイント
  • エスケー化研
  • 大谷塗料
  • 関西ペイント
  • 菊水化学
  • KFケミカル
  • 玄々化学
  • スズカファイン
  • 大同塗料
  • 大日本塗料
  • ダイフレックス
  • トウペ
  • 日本特殊塗料
  • 日本ペイント
  • 水谷ペイント
  • ロックペイント
  • 和信化学 など

ページの先頭へ