名古屋の塗装店小林塗装 悪徳な塗装施工業者によく見られる特徴 

悪徳な塗装施工業者によく見られる特徴

悪徳塗装業者の特徴

外壁塗装の業者の中にも、悪徳な塗装業者もたくさんいます。
(同業者としては、本当に迷惑な話です……)
お客様が悪徳業者に絶対に引っかからない様、悪徳業者がよく使う悪徳商法をまとめてみましたのでご覧下さい。
悪質な施工業者の特徴を知って、そんな塗装工事のトラブルを未然に避ける事が大切です。

塗装工事に関する悪徳商法 特徴一覧

クリックすると、お客様を騙す塗装工事に関する悪徳商法の手口へ移動します。

足場費用を無料にします

「近くで塗装工事をやっていて、足場をすぐに持って来られるので、足場代をサービスします!」
「キャンペーンで足工事代金をタダにします」
…といった内容は、最近よく聞かれる悪徳施工業者が使う定番と言える営業トークの一つです。
一般的な2階建て住宅の足場費用は、13~16万円程度必要で、塗装工事の足場費用は、無料にできるほど、安い金額ではありません。
見積書に「足場費用サービス」と書いてある場合、一見お得に思えますが、何か別の部分に金額が上乗せされています。
ですから、こういった嘘の話に騙されてはいけません。

塗装工事の見積金額の値引き幅が極端に大きい

塗装工事の見積書提出後に金額値引きをするパターンはよくある事ですが、その値引き幅は、見積り提示金額の端数を調整する程度の値引きが一般的です。
ですから、20~30%極端に大幅な金額の値引きをする業者は、間違いなく何か値引きできる理由があると言えます。
10万円、20万円といった大きな値引きは、物凄く魅力的に感じます。
 また、「こんなにも頑張ってくれるているから、お願いしようかなぁ……」と思うのが、一般的な人の心理です。
しかし、こういった人の心理を逆手にとったのが悪徳施工業者の常套手段であり、実際は元々の見積金額の数字を大きく書き換えているだけです。
ですから、大幅な金額を値引きしても、全く痛くもかゆくもありません。
こういった、「見積り金額で勝負する!!」そんな施工業者がよく行う手口の一例としては会社の上司に、工事金額値引きパフォーマンス(全くの嘘)の電話交渉等をお客様の前で行います。
こういった営業方法は、塗装工事の事を何も知らないお客様を騙す非常に悪質な営業方法と言えます。

「不安商法」 住まいや生活に危機感や不安を煽る業者

お客様の住まいや日常生活に対する危機感や不安感を煽った商法を、「不安商法」と言います。
不安商法は、主にお年寄りや主婦をターゲットにした悪徳業者が使います。
「今、塗装工事をやらないと、大変な事になります…」と言った悪徳塗装業者は、お客様に過度に不安を煽って、セールスマンの巧みなセールストークやよく意味の分からない難解な専門用語で、お客様の不安心理を突く、とても卑怯な営業方法です。
もし、その業者が本当にお客様の事を考えているのであれば、そんなにお客様の不安を煽るような事は絶対にしません。

「点検商法」 点検作業を行い、虚偽報告、不安を煽る業者

住まいの「無料点検」を行うと称して、施工業者が訪問し、住まいにとって全く無意味な屋根や外壁などの点検作業を行い、「屋根のセメント瓦がずれています。…(悪質な場合、訪問業者自身で屋根をずらすケースも多くあります。)「外壁の一部から、雨漏れしている恐れがあります。…」といったお客様に虚偽の報告したり、住まいのちょっとした不具合を誇張する事で、塗装工事や屋根の修繕工事の契約を勧め、あまり意味の無い補修工事やあるいは異常に高価で粗悪な施工を行う悪徳商法を「点検商法」と言います。
こういった点検商法は、専門的な内容が多いので、お客様は本当に必要な契約かどうか、一般のお客様ではその場で分からない事がほとんどです。
ですから、絶対にその場で工事の契約せずに、家族、専門業者、消費生活センターなどに相談すると良いです。

「モデル商法」 施工モデルになって下さい。と話す業者

お客様の住まいを施工モデルにすると、工事代金が安くなる、「施工モデル料」といった名目で値引きされるといった塗装工事の勧誘を行なう商法の事を「モデル商法」と言います。
こういった場合、他のお客様にも同じ内容の事を言っています。
施工業者が説明する「施工モデルになって頂くと格安で施工します。」、営業マンから「モニターになれるから安くなる」と言われれば何か特別な感情を抱くかもしれませんが、実際は施工モデルになるというのは、施工写真を撮らせてもらったり、アンケートに答えてもらったりする程度の事なので特別価格になる理由とまではなりません。
ですから、「特別価格で施工します。」などの悪徳業者の甘い誘い文句は、何か絶対に理由がありますので、安易に信じない事が大切です。

誇大なセールストークで話す営業マン

どんな塗料にも、一長一短は必ずあります。完璧な塗料は、まずを持ってあり得ません。
ですから、良心的な業者さんは、使用する塗料を誇大なセールストークで話す営業マンと違って、塗装する事で得られるメリット(セールスポイント)と塗装工事のリスク(問題点)を事前にしっかり説明しますが、悪徳な施工業者は誇大なセールストークで、塗料のメリットしか説明しません。

見積り提示額が極端に安い

塗装工事の契約をした後に、追加工事や別途工事を出してきたりします。…これも、悪徳業者の常套手段の一つです。
こういった場合、最初の見積もりを意図的に安くしてある場合がほとんどです。
塗装工事の費用は、いくらが適正と明言する事はできませんが、おおよそ塗装工事にいくら位かかるのか、相場価格を掴んでおく事が大切です。

塗装工事の契約や施工を急ぐ営業マン

塗装工事の「即決営業」を行う営業マンは、工事契約だけを先にとっておいて、「見積り提示額が極端に安い業者」と同様に工事の契約後、追加工事や別途工事を出してきたりします。…これも、悪徳業者がよく使う手口です。
もしくは、最初の見積自体がすでに手抜きになっているかもしれません。
また、営業ノルマの達成を急いでいる営業マンの場合もあります。
どちらにしても、 塗装工事はそんなに急いで行うものではないので、こういった営業マンの施工会社とは、契約しない方が賢明です。

塗装工事に関する悪徳商法 まとめ

こういった塗装工事に関する悪徳商法をまとめましたが、この他にもこういった塗装工事にまつわる悪徳商法はまだほかにあるかもしれません。
ですから、塗装工事を検討しているお客様は、特定の施工業者の話を決して鵜呑みにせず、いろいろな観点でじっくり検討する必要があるかと思います。

名古屋の塗装店小林塗装では、塗装工事に関するお客様からの質問や疑問に分かりやすくお答えしますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

塗装工事のお役立ち情報

MENU
メニュー

  • blog
  • 外壁塗装の基礎知識
  • 屋根塗装の基礎知識
  • おすすめの塗料について
  • 塗装工事施工価格
  • 塗装工事の施工事例
  • 塗装工事の流れにつてい
  • 塗装のプロが答えます塗装工事よくある質問
  • 塗装工事安心「品質保証」
  • 小林塗装のご案内

住まいの塗り替え専門店小林塗装

〒462-0023
愛知県名古屋市北区
安井3丁目8-21

見積依頼:0800-808-1020
ご質問等:052-914-0163
携帯電話:090-1987-2619

E-Mail:
info@yuzupen.com
ホームページ:
http://yuzupen.com

営業時間:AM8:00~PM8:00

取り扱い工事

  • 外壁塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 屋根塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 室内塗装工事(店舗・一般住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 防水工事(屋上・ベランダ・通路等)
  • 足場仮設工事・シーリング工事・外壁補修工事
  • その他、修繕工事・板金工事・雨樋工事・内装工事

取り扱い塗料メーカー

  • アイカ
  • IPペイント
  • エスケー化研
  • 大谷塗料
  • 関西ペイント
  • 菊水化学
  • KFケミカル
  • 玄々化学
  • スズカファイン
  • 大同塗料
  • 大日本塗料
  • ダイフレックス
  • トウペ
  • 日本特殊塗料
  • 日本ペイント
  • 水谷ペイント
  • ロックペイント
  • 和信化学 など

ページの先頭へ