外壁塗装・屋根塗装の事なら、名古屋の小林塗装へ

外壁塗装 よくある質問

名古屋市周辺で外壁塗装の塗り替え工事を検討しているお客様から実際に頂いた「サイディング・モルタル・ALC・トタン‥」といった外壁材や外壁用塗料、外壁塗装の施工手順や施工内容に関する質問や疑問に分かりやすくお答えします。
お客様の外壁塗装に関する「どうして?」に塗装工事のプロがわかりやすくお答え致します。
各ページに記載されている事以外でも、ご不明な点がございましたら、小さな事でもお気軽にご質問、お問い合わせ下さい。

外壁塗装 よくある質問

外壁塗り替え工事の際、敷地内に材料や道具を置いておく事はありますか?

はい、あります。その際には、お客様に迷惑が掛からない場所に置かせてもらいます。
但し、シンナー等の引火する恐れがある危険物は、安全に保管しますのでご安心して下さい。

どうして、外壁塗装の前には、水洗いが必要なのですか?

外壁塗装をお化粧に例えますと、外壁の水洗い作業は、洗顔のイメージと似ています。
高圧洗浄をする前の家は、排気ガス、粉塵などの汚れ、塗料のチョーキング、藻、カビ等の付着物が外壁塗装する全面に付いている状態です。
こういった汚れた上に塗装しても、十分に塗料が密着する事ができないので、塗装後、塗膜の剥がれ、浮き等、塗装の重大な不具合の原因になります。
その様な塗装の不具合を防ぐ為にも、水洗いの工程が必要と言えます。

経年劣化が激しい部分の外壁塗装は、どのように施工するのでしょうか?

経年劣化によって外壁に発生した浮いた塗装、膨らんだ塗膜、モルタルの浮き部分は、電動工具やケレン工具を使って完全に取り除き、ほこりなどをキレイに掃除した後、ケレン作業や斫り作業で生じた凸凹部分は、カチオンフィラー、エポキシ樹脂モルタル等で外壁の下地補修工事を行ってから、外壁塗装をします。

サイディングの外壁塗り替えする際には、シーリングを必ず打ち替えないとダメですか?

サイディングのシーリング部分は、塗り替える際には、必ず打替えをしなくてはといけないという事はありません。
その理由は、シーリング材の劣化程度によって、シーリング工事の施工方法が大きく変わってくるからです。
まず、シーリングの経年劣化がほとんど確認されない無い場合には、「増し打ち」と言って、既存のシーリング上から充填する施工して、施工費用を安価に抑える事ができます。
ただし、シーリングの接着面が剥がれていたり、シーリング材が割れてしまっている場合には、 「撤去・打ち替え」と言って、既存のシーリング材を完全に撤去して、再度シーリング材を充填します。
なお、増し打ちした場合は、外壁塗装とシーリング材の材齢が違ってくるので、早期にシーリング工事を行わなくてはならない場合もある為、当店では基本的にサイディングのシーリング工事は打ち替えをお勧めします。

窯業サイディングの外壁塗り替えを行う際に注意すべき点を教えて下さい。

外壁材に使われる窯業サイディングは、モルタルの外壁材に比べて、断熱性に優れている反面、蓄熱しやすい・経年劣化によって吸水しやすいという問題点があります。
熱、水、紫外線は、窯業サイディングの塗膜が劣化する主な原因である為、窯業サイディングには、熱、水、紫外線に対する耐久性に優れた塗装仕様が求められます。
また、弾性を持った塗料で窯業サイディングボードの塗装は、蓄熱しやすいので、塗装した塗膜が膨れ上がる恐れがある為、当店は、お奨めできません。

今のサイディングボードの模様をそのまま活かす事ができるクリヤー塗料(透明塗料)はありますか?

今のサイディングボードの模様を活かす事ができるサイディングクリヤー塗料「クリスタルロック」、「クリーンSDトップ」、「ピュアライドUVプロテクトクリヤー」、「キクスイ ロイヤルセラクリヤー」、「キクスイ SPパワーフッ素クリヤー」等を当店では取り扱っています。
上記の塗料は、共に優れた耐候性を持つセラミック系のサイディング用クリヤーなので、現在のサイディングボードのデザインをそのままにする事ができます。
ただし、新築から10年以上の経年劣化した窯業サイディングボードには、おすすめできません。

モルタル外壁の表面にひび割れができた場合、外壁の補修はどのように行えば良いのでしょうか?

外壁面に生じた微細なひび割れ(ヘアクラック)や吹付材の表面に発生している亀甲クラックであれば、早急に補修が必要という訳ではありません。
ただし、ひび割れが外壁の下地まである深いひび割れ(貫通クラック)が発生している場合は、室内に漏水する恐れがあるので、そのひび割れに沿って、多少大きめのU型の溝を削り、 変性シリコン系シーリング材等を充填して、ひび割れを埋める工法が標準的です(Uカットシール工法)

モルタル外壁にペンキを塗って少し経ったら、剥がれてしまいました。どうしてですか?

モルタル等、無機系の素材へ合成樹脂調合ペイントを直接塗装すると、素材に含まれるアルカリ成分によって、塗膜が剥がれやすくなります。
したがって、モルタルの外壁塗装には、耐アルカリ性に優れたNAD型塗料、浸透形シーラー、水性反応硬化型塗料等を選ぶ事が重要です。

外壁のスタッコ面を塗り替えたいのですが、どんな塗料が良いですか?

外壁スタッコ吹付け面に塗装する場合、スタッコ面は、ポーラス状で空隙が多い為、弾力性の高い弾性塗材や厚膜系の塗材を塗装すると、 塗装後に塗膜がブクブクと膨れる場合や経年劣化すると塗膜の表層が粉化して、塗膜の付着性を阻害する場合がありますので、 経年劣化した塗膜部分は、高圧水洗やケレン等でしっかり除去する必要があります。
従って、塗装の際は、透湿性に優れた微弾性系の下塗材をウールローラーで、薄膜状にしっかりと目止めを行った上で、各種上塗り材で塗装する事をおススメします。
上塗材には、耐汚染性・透湿性・可とう性に優れた各種艶消し塗料を使用する事をおススメします。
なお、蓄熱されやすい外壁材(軽量モルタル、ALC、窯業サイディング・発泡ウレタン使用した建材など)を使用した「高断熱型外壁」で、 旧塗膜が弾性スタッコの場合、塗り替え段階で既に旧塗膜が膨れている場合があります。
また、脆弱な弾性スタッコ部分の適切なケレンを行わずにそのまま塗装すると、現在ある塗膜の膨れがさらに拡大する可能性がありますので、 従って脆弱な弾性スタッコ面は、再塗装前に完全に除去する必要があります。

外壁ALCパネルの塗り替えをするには、どんな塗料が良いのでしょうか?

ALCパネルは、他の外壁材に比べ、高い蓄熱性を持つ外壁材です。
ですから、弾性タイプ、高弾性タイプの塗材で塗り替えすると、環境や塗材の色相によっては塗装後、蓄熱による塗膜の膨れが外壁に生じる恐れがあります。
ですから、ALC壁面の塗り替えに際してましては、既存の塗膜がある場合は、「微弾性フィラーでALC壁面の目止めと下塗りに用いた塗装仕様」、また、既存の塗膜が健全な場合は、「カチオンシーラーを下塗り塗料とした塗装仕様」がおすすめです。なお、既存の塗膜が健全でない場合は、「既存の塗膜をカチオンフィラーで確実に絶縁してから、再塗装する仕様」がおすすめです。

MENU
メニュー

  • blog
  • 外壁塗装の基礎知識
  • 屋根塗装の基礎知識
  • おすすめの塗料について
  • 塗装工事施工価格
  • 塗装工事の施工事例
  • 塗装工事の流れにつてい
  • 塗装のプロが答えます塗装工事よくある質問
  • 塗装工事安心「品質保証」
  • 小林塗装のご案内

住まいの塗り替え専門店小林塗装

〒462-0023
愛知県名古屋市北区
安井3丁目8-21

見積依頼:0800-808-1020
ご質問等:052-914-0163
携帯電話:090-1987-2619

E-Mail:
info@yuzupen.com
ホームページ:
http://yuzupen.com

営業時間:AM8:00~PM8:00

取り扱い工事

  • 外壁塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 屋根塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 室内塗装工事(店舗・一般住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 防水工事(屋上・ベランダ・通路等)
  • 足場仮設工事・シーリング工事・外壁補修工事
  • その他、修繕工事・板金工事・雨樋工事・内装工事

取り扱い塗料メーカー

  • アイカ
  • IPペイント
  • エスケー化研
  • 大谷塗料
  • 関西ペイント
  • 菊水化学
  • KFケミカル
  • 玄々化学
  • スズカファイン
  • 大同塗料
  • 大日本塗料
  • ダイフレックス
  • トウペ
  • 日本特殊塗料
  • 日本ペイント
  • 水谷ペイント
  • ロックペイント
  • 和信化学 など

ページの先頭へ