外壁塗装・屋根塗装の事なら、名古屋の小林塗装へ

外壁塗装 よくある質問

名古屋市周辺で外壁塗装の塗り替え工事を検討しているお客様から実際に頂いた「サイディング・モルタル・ALC・トタン‥」といった外壁材や外壁用塗料、外壁塗装の施工手順や施工内容に関する質問や疑問に分かりやすくお答えします。
お客様の外壁塗装に関する「どうして?」に塗装工事のプロがわかりやすくお答え致します。
各ページに記載されている事以外でも、ご不明な点がございましたら、小さな事でもお気軽にご質問、お問い合わせ下さい。

外壁塗装 よくある質問

新築から、一体どのくらい経ったら、外壁の塗装工事をした方が良いですか?

お客様の住まわれている立地環境などによって、外壁の塗り替え時期は多少違ってきますが、一般的な新築住宅に使用されるアクリル塗料の期待耐用年数は、約5~6年程度と言われています。
したがって、その頃から外壁部分に退色やチョーキング‥といった経年劣化の症状が現れますので、大体新築から10年前後を目安にして点検・メンテナンスをする事をおススメします。

新築の時に比べると、外壁の色が大分違って見えるのですが、大丈夫でしょうか?

新築当初に比べ、外壁材に色褪せや変色が見られる場合、紫外線、赤外線、風雨等が原因で外壁の塗装が劣化していると言えます。
そのままにしておくと、外壁材が傷む大きな原因になる場合がありますが、塗り替え時期かどうかは、住まいの状況によって異ってきますので、まずは外壁塗装の施工業者に外壁の状態をしっかり診断してもらう事をお勧めします。
ちなみに小林塗装では、現場で多くの施工経験を持つ外壁塗装の目利きがしっかりできる店主がお客様のお住まいにお伺いして外壁の塗り替え時期かどうか、建物の現状を的確に診断しています。

一般的に外壁の塗装は、どの程度持つのですか?

「5年、7年、10年、15年以上‥‥」と言った様に、外壁塗装の期待耐用年数は、使用する下塗り塗料、仕上げ塗料、施工方法、周辺環境によって大きく異なってきます。
小林塗装では外壁の種類・劣化状況・耐用年数・塗装工事の費用などの観点を十分に考慮し、お客様の住まいにあった塗り替え工事専門店ならではの様々な外壁塗り替えプランをご提案する事ができます。

本当に外壁塗り替えが必要なのでしょうか?

外壁の塗り替え工事については、建物の見栄えを良くするという目的もありますが、その以外には、外壁や屋根に防水性、クラック追従性、防カビ性などを持たせ、耐久性を高め、外壁材を風雨や紫外線から守るという重要な目的があります。
塗装が劣化すると、紫外線、雨等から外壁が直接曝される事となってしまうので、建物に雨が侵入したり、外壁材が脆くなったりする等、建物が傷む大きな原因になります。
なお、外壁の塗り替え頻度は、塗料の種類によって耐用年数も違いますが、「定期的な外壁の塗り替え工事は、建物の寿命を縮めない為にも必要な工事」と言えます。

外壁塗装に使われる塗料には、一体どんな種類の塗料がありますか?

一般的によく使われる外壁用仕上げ塗料を簡単に説明しますと、次の様な種類の塗料があります。

・アクリル塗料=25~35年前に流行った塗料です。現在、塗り替え工事でアクリル塗料はほとんど使われる事はありません。

・弾性塗料=ひび割れに強い30年~25年ほど前に流行ったモルタル外壁用のアクリルゴム系塗料の事です。

・ウレタン塗料=20年ほど前に流行った塗料です。

・アクリルシリコン塗料=最も、流通量が多い標準的な外壁塗料です。

・ラジカル制御塗料=ハルス塗料、ハルスハイブリッド塗料とも呼ばれています。紫外線による塗膜劣化を抑制する効果を持つ塗料です。従来のシリコン塗料よりも耐久性があります。

・ハイブリットシリコン塗料=従来のアクリルシリコン塗料にハルス、高耐侯チタンを組み合わせ、シリコン樹脂の含有量を増やした次世代型の外壁シリコン塗料です。

・フッ素塗料=最高級の外壁塗料です。きわめて耐久性が高いのが特徴です。現在では、フッ素塗料の中でも4フッ化塗料が一般的と言えます。

・光触媒塗料=光と水の作用によって、外壁の汚れを洗い流す効果を持つ塗料です。無機による優れた耐久性もあります。

・無機塗料=有機無機複合塗料とも呼ばれます。フッ素塗料よりも耐久性が高いと言われています。耐用年数が20~25年といった高寿命の塗料です。

外壁塗装をするのに良い季節はいつですか?

愛知県名古屋市周辺でしたら、一年を通して外壁塗装工事を施工する事はできます。
ただし、天候によって外壁塗装が施工できない場合もあります。
外壁塗装が施工できない一例としましては、
雨や雪が降っている場合
外気温が5℃以下の場合
湿度が85パーセント以上の場合
塗装する素地の表面温度が5℃以下の場合
この様な気象条件のもとでは、適切な塗装工事をする事はできません。
なぜなら、これらの条件で外壁の塗り替えを行うと、塗料の乾燥や硬化が著しく遅くなり、塗装の硬化不良、造膜不良の原因となり、その結果、早期に外壁塗装が剥がれたり、塗装の持つ性能を著しく低下させる原因となってしまうからです。

外壁塗装の工事は、どのくらいの工事日数が掛かりますか?

当店の場合、延べ床面積が30坪前後の建物の外壁や破風や軒等の付帯部分も含んだ外壁塗装工事は、10~12日前後の工期が必要です。
屋根の塗装も合わせると、約2週間前後の工期が必要です。

ハウスメーカーで建てた家は、外壁塗り替え工事も、建てたハウスメーカーに頼んだほうが良いのでしょうか?

いいえ、全くそんな事はありません。
お客様が住んでいる地元の塗装業者に施工してもらっても、何ら問題はありません。
仮にお客様が外壁塗装をハウスメーカーお願いした場合、下請けの塗装店が施工するので、結局同じ事です。
しかも、ハウスメーカーと塗装業者の間で塗装工事と関係がない余分な中間マージンが発生し、塗装業者に直接依頼するよりも、余分に費用が掛かってしまいます。
通常、ハウスメーカーに依頼した場合は、地元の塗装業者に直接頼むよりも3割~4割くらい施工価格が高くなります。
ですから、ハウスメーカーを通さずに地元の塗装業者に頼んだ方が、同じ工事内容でも安く施工する事ができます。

外壁用の塗料は、厚く塗るほど丈夫になるのでしょうか?

いいえ、それは違います。
一回に外壁塗料を塗る量や厚みは、塗料の種類によって規定量があります。
したがって、何でも厚塗りすれば良いというわけではありません。
また、塗料を一度に規定量以上に厚く塗りますと、外壁塗装のつやが不均一だったり、塗料が垂れたり、乾燥不良を起こしたりして、外壁塗装の仕上がり感や機能に不具合が生じます。小林塗装では、各塗料の塗装仕様を遵守して高品質な塗装を作ります。

雨の日も外壁塗装の作業しますか?

基本的に雨の日の作業は、外壁の塗装工事はできません。
但し、高圧洗浄、ケレン作業等、外壁塗装の工事内容に支障の無い作業は、作業を行う場合があります。
また、天候によって作業手順に変更が生じる場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

MENU
メニュー

  • blog
  • 外壁塗装の基礎知識
  • 屋根塗装の基礎知識
  • おすすめの塗料について
  • 塗装工事施工価格
  • 塗装工事の施工事例
  • 塗装工事の流れにつてい
  • 塗装のプロが答えます塗装工事よくある質問
  • 塗装工事安心「品質保証」
  • 小林塗装のご案内

住まいの塗り替え専門店小林塗装

〒462-0023
愛知県名古屋市北区
安井3丁目8-21

見積依頼:0800-808-1020
ご質問等:052-914-0163
携帯電話:090-1987-2619

E-Mail:
info@yuzupen.com
ホームページ:
http://yuzupen.com

営業時間:AM8:00~PM8:00

取り扱い工事

  • 外壁塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 屋根塗装工事(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 室内塗装工事(店舗・一般住宅・事務所・倉庫・工場等)
  • 防水工事(屋上・ベランダ・通路等)
  • 足場仮設工事・シーリング工事・外壁補修工事
  • その他、修繕工事・板金工事・雨樋工事・内装工事

取り扱い塗料メーカー

  • アイカ
  • IPペイント
  • エスケー化研
  • 大谷塗料
  • 関西ペイント
  • 菊水化学
  • KFケミカル
  • 玄々化学
  • スズカファイン
  • 大同塗料
  • 大日本塗料
  • ダイフレックス
  • トウペ
  • 日本特殊塗料
  • 日本ペイント
  • 水谷ペイント
  • ロックペイント
  • 和信化学 など

ページの先頭へ